これから、新しい事業を始めようと検討している方。

その購入、もう少し待ちませんか?

1000万円のものづくり補助金を受けることが出来ます!

4次締め切り!令和2年12月18日受付まで!!

 

このようなことで困っていませんか?

・申請のしかたがわからない。

・補助金を活用したいがどうすればよいかわからない。

・自分で申請してみたが、採択されなかった。

・設備投資をしたいがお金がない。

 

お任せください!!

・当事務所では補助金申請の書類作成代行します。通常30~40%の採択率ですが当事務所が採択されやすい申請書を作成いたします。
・不採択の場合、お支払は着手金のみ!!再度申請できるようであれば、申請料はいただきません。(成功報酬のみいただきます。)
・他事務所様よりも安価な着手金と成功報酬。当事務所着手金5万~10万円(申請する補助金により変わります。)、成功報酬10%他事務所と比較ください。

 

こんな方にお勧めです!!

 

製造業の皆様

機械設備の取得費用や設備更新、新システムの開発・導入にかかる経費などに対し、1000万円の補助を受けることが可能です。機械が老朽化し、そろそろ設備を最新モデルに刷新した方などにおすすめです!

サービス業の皆様

新システムの導入やアプリ開発・導入など、新しい投資を検討されている皆様、ぜひ活用ください!サービス業の中に細かい定義はございませんので、お気軽にご相談ください!

その他の業種の皆様

設備投資が必須でない小規模な取組であっても補助を受けられます!また、外注加工賃や委託費、クラウド利用費も対象となります。ぜひ、ご相談ください

地方企業様含め全国対応OK!

 

日本全国の企業様にご対応が可能でございます。
ご希望がございましたらリモートでの会議も受け付けております。

 

補助金申請の流れ

 

①必要書類の準備

 

初めに御社の今後の取り組みが本補助金んも対象になるかを確認します。
対象にならない場合には、どのように変更すれば申請可能かご提案させていただきます。
対象のお客様には申請に必要な書類を準備していただきます。
必ず弊社のヒアリングシートを書いて頂き提出をしていただけますようお願いいたします。

②申請書類作成・提出

 

申請に必要な書類を弊社でチェックし不備がなければ公社へ提出します。
①事業計画書②賃金引上げ計画の表明書③決算書等④その他の加点に必要な書類

③採択案件の決定後、申請者様に対して採択・不採択の結果を通知します。

 

④補助事業期間 

 

補助事業期間は、交付決定から最大で10カ月となります。
(ただし、補助事業の終了期限は、採択発表日から最大で12カ月後の日まで)

⑤確定検査・補助金の支払い

 

補助事業終了後、確定検査を受け、補助金が確定したのちに、事務に「対して補助金を請求し、1カ月程度で支払われます。
対象事業者は、補助事業終了後毎年4月に5年間、報告義務があります。

⑥弊社への支払い

 

弊社への成功報酬をお支払いただきます。

 

お問合せは電話またはメールにて       

 

島岡和雄行政書士事務所

 

048-717-4652