行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格です。
相続、土地活用、自動車購入、国籍、各種契約などの生活に密着した問題、また企業や経営に関わるうえで避けて通れない雇用、会社設立、飲食店や産業廃棄物処理業、建設業許可申請などの案件のうち、

  1. 官公署に提出する書類、権利業務に関する書類及び、事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)の作成
  2. 1.の書類の提出手続き及び、1.の書類に関わる許認可に関する聴聞等の手続きにおける一定の行為について代理すること
  3. 行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人として作成すること
  4. 1.の書類の作成について相談に応ずること

を業務としています。
行政書士は、皆さんと行政の架け橋として、また依頼を受けた案件について最良の結果を出すために、皆さんとの信頼関係を大切にこれらの業務にあたっています。